少しグレードを落としてみて!設備は必ずしも最新のものにする必要はありません

最新のものが一番良いという呪縛から解き放たれよう

最新の設備機器は各メーカーがもっとも売り出したいものなので、カタログやショールームでも見栄え良く、とても魅力的に見えるように工夫されています。業者側も、まずは最新機器をすすめてくる場合が多いでしょう。ですが、最新の設備機器というものは価格が高くなっていることも多いのです。そして、注文住宅の中で設備機器の価格が占める割合は大きい為、必然的に全体の価格に与える影響も大きくなってきてしまいます。そこで、最新の設備機器が必ずしも自分たちにとってベストなものではないかもしれない、という考えを持つようにしてみましょう。そうすることで、選択肢が増えて本当に必要なものだけをまとめた注文住宅をつくることができるようになります。

自分たちにとって必要なものを見極めよう

本当にその最新の設備機器が自分たちの生活にとって必要なものであるかどうかは、しっかりと検討するようにしましょう。一つグレードを落とすだけで価格はずいぶん下げることができます。まずは、自分たちがその設備機器に求めるものは何か考えるようにしましょう。どのような機能があればよいのか、デザインにこだわりたいのか、色柄のバリエーションにこだわりたいのか、人によってこだわりポイントは様々です。設備の機能の比較であれば、カタログにはそれぞれの機器の仕様比較一覧表が付いているので、それで見比べるようにしてください。そうすることで、最新機能に追加されている機能が、それほど自分たちにとっては必要なものではなかった、ということが発見できたりもします。

間取り

日当たりは大丈夫??窓の位置を確認しましょう

マイホームの購入で最高峰と言えるのは注文住宅です。注文住宅であれば、家の間取りを自由自在に組み立てていくことができますので、その家族の生活にあわせた形で家を作り上げていけます。…

将来のことを見据えて!子供が生まれた時から巣立った後まで

住宅を購入するにはかなりの費用がかかりますが、住宅ローンを利用すれば貯金がないとしても購入ができます。子育てをしながら少しずつ返済をしていけば、持ち家で気を遣わず家族で暮らせる…

建物の強度は重要!専門家の意見も積極的に取り入れよう!

日本では定期的に大きな地震が起こって、建物に大きな被害をもたらしています。もしも、地震に対して完璧に備えたいなら、注文住宅を建てるときは、建物の強度をしっかりと考えるようにし…

注文住宅には、どのようなものがあるのか

注文住宅は、購入費用が高くなりがちですが、住宅の構造や間取り、立地などを選びやすく、資産価値の高さも大きな魅力と言えます。

© Copyright Building A Custom Home. All Rights Reserved.