時間の許す限りやりましょう!見積もりを取るなら多いほど良いです!

なぜ見積もりをいくつも取るほうが良いのか

ただでさえ、注文住宅を建てる際の打合せが大変なのに、なぜわざわざ見積もりを複数のところへ依頼した方が良いのかと感じる人もいますよね。その理由は、それぞれの内容に対する金額の相場を把握する為に必要な作業であるからです。建築費用の中には専門的な内容が非常に多く含まれており、一般の人にとってはなかなか分かりづらい部分があります。また、それらがその内容相応の金額かどうかもわからないものです。それが、いくつもの会社から見積もりを取ることによって、内容を比較検討することができるようになるのです。一社より二社、二社より三社から見積もりを取る方がより明確になっていきます。そこで得た情報により、業者との価格交渉も具体的にしやすくなります。ただし、業者によってそれぞれの得意分野、不得意分野がある為、安い価格ばかりを寄せ集めたようないいとこどりのような形にはなかなかならないので、注意しておきましょう。

見積もりを複数取る場合の注意点

見積もりを複数の業者に依頼する場合に注意しておきたいのは、あらかじめ依頼する内容をだいたい揃えておくことです。A社には2階建てを依頼して、B社には3階建ての注文住宅の見積もりを依頼するなど、内容がバラバラになってしまうと、当然出来上がってくる見積もりの内容も異なってきてしまいます。そうすると、いざ金額や内容を比較検討しようとしてもなかなか難しくなってしまいます。依頼する前、もしくは一社目に見積もりを依頼する際には、盛り込みたい内容をまとめておくようにしましょう。見積もり段階であれば、その後の変更はいくらでもできるので、まずは比較検討をして自分たちにマッチしている業者を選ぶことができるようにしましょう。

分譲住宅はまず業者がまとまった面積の土地を購入し、買い取った敷地内の別の家と同時進行で作り上げられて完成したものです。

© Copyright Building A Custom Home. All Rights Reserved.