シンプルが良い??家の形と金額の関係について

複雑な構造よりも安く十分な耐震性が得られる

住宅を建てるときは住居内の設備などを考える必要があります。その一方で外観を気にしたい人もいるでしょう。他の住宅を見て同じような構造にしたいと考えたり、より特徴的な構造を建築士に考えてもらうときもあります。しかし注文住宅をできるだけ安く建てたいのであれば、あまり構造を複雑にするのは良くないでしょう。建物には一定の耐震性を持たせる必要があり、複雑な構造にするとその分柱を増やしたり強い壁を使ったりしないといけなくなるためです。シンプルな構造だとより少ない材料で必要な耐震性を得ての建築が可能です。1階と2階が同じ造りだと外観上は物足りないと感じるかもしれませんが、安くて安全な住宅を建てるにはぴったりと言えるでしょう。

シンプルだと共通の材料が多くなる

住宅会社などが建てる建売住宅は、材料が共通化されたりするのでコストも安めになります。注文住宅は一から作れるので、材料も共通化されていない独自のものを使って建てていきます。注文住宅を複雑な構造で建てようとすると沢山の部品がそれぞれ異なり、個々の部品を作るのにコストが上がってしまう可能性があります。さらに複雑だと作業をする職人の技術も求められ、総建築費用が高くなるかもしれません。一方シンプルな構造にするとその家を建てるのに必要な材料の共通化が可能になります。部品が共通化されるとたくさんの部品を使うよりも安く作れ、組む技術も容易になり職人の人件費を減らせます。材料費や建築費を抑えながら、目的の住宅を作れるようになるでしょう。

建売住宅は土地の販売と同時に、すでに一軒家が建っている状態をいいます。土地を買った後に家を建てる必要がないので、すぐに引越しをしたい人にはお得な買い物となります。

© Copyright Building A Custom Home. All Rights Reserved.