将来のことを見据えて!子供が生まれた時から巣立った後まで

将来子供が増えた時にどうするか

住宅を購入するにはかなりの費用がかかりますが、住宅ローンを利用すれば貯金がないとしても購入ができます。子育てをしながら少しずつ返済をしていけば、持ち家で気を遣わず家族で暮らせるでしょう。住宅購入においてはより自由度の高い注文住宅にするときがあり、間取りをどうするかを考えなくてはいけません。子供が一人いる段階で建てるならとりあえず子供部屋を一つ確保しないといけないでしょう。ただ将来的に子供が増える可能性があるならそれも考慮しなければいけません。予定の段階でいくつも子供部屋を用意するのは効率が良くないので、一人でも二人から三人でも使えるような間取りにするとよいでしょう。簡単に間仕切りができる仕組みがあれば増えた時に部屋を増やせます。

子どもが独立後の活用を想定

注文住宅を建てるときは間取りを考えなければならず、家族それぞれの部屋やリビングなど家族で集まる部屋を作ろうとするでしょう。リビングや夫婦の寝室などは長く使う部屋になるでしょうが、子供部屋は子供が独立した時にどうするかも考えておいた方がよさそうです。早ければ高校卒業後に下宿をするケースがあり、20年も使わないときもあります。独立後に子供部屋が無駄にならないよう建てる時から考えておきましょう。夫婦の寝室と並べて子ども部屋を設置すれば、独立後に部屋の壁を無くして広く使えるようにできます。あえて子供部屋を作らずに階段下や廊下に勉強スペースなどを作る方法もあります。部屋一つがまるごと未使用になる状態を防げるでしょう。

一戸建て住宅を購入する場合、建売住宅、企画住宅、注文住宅という3つの選択肢があります。それぞれのメリットとデメリットを比較検討することが大切です。

© Copyright Building A Custom Home. All Rights Reserved.